Skip to content

フロアコーティングの方法と特色

フロアコーティングとは、シリコンやウレタンなどを含んだ溶剤で床を覆うことで、床の耐久性や美観を向上させることが可能です。

ウレタン樹脂塗料を用いたフロアコーティングは、耐久年数は3年から10年と短いのが特徴ですが、厚みがあり摩擦に強く、コーティング剤が1日で乾燥し工期が短くて済むなど多くのメリットがあり、費用が安いことから最も実地件数が多い方法です。

シリコン樹脂を用いたフロアーコーティングは、溶剤が柔らかく柔軟性に富んでいるので床材との密着性が非常に高く、耐久年数も10年から20年と長期間に及ぶのが特徴です。汚れがつきにくいのでメンテナンスも容易で、乾拭きで簡単に汚れを落とすことが可能で、コーティング効果が薄れてきた場合には塗り直しができることも大きなメリットです。

コーティング剤が乾燥してもガスが通過できるので、床材に木材が用いられている場合に好んで選ばれるフロアコーティング方法です。また、コーティングを施した表面が滑りにくい特性を持っているので、室内でペットを飼育している家庭でも施行実績が多いのが特色です。

ガラスコーティングとUVコーティングは、コーティング効果が長期間持続するのが大きな特徴で、どちらも耐久年数が20年を超えます。ガラスコーティングは透明性が高くツヤ出し効果に優れているために床の美観を向上させたい場合に、UVコーティングは瞬時に乾燥するので工期を短縮したい場合に多く選択されます。
プロパンガスの相場のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *