Skip to content

給湯器交換工事の依頼方法と給湯器の仕様について

給湯器の寿命は新品を設置してから7年から10年が一般的であり、10年以上使用すると故障して使えなくなるケースが少なくありません。

給湯器交換を依頼する場合は、ガス給湯器を専門に扱う設備会社や衛生設備業者に依頼することが一般的ですが、最近はインターネット経由で給湯器交換工事を依頼することができる環境が整っており、手軽に手配できるようになっています。

インターネットで交換工事を依頼する場合は、使っていた給湯器の型番やガス配管の供給状態を写真に撮影し、メールで添付することで概算見積もりを取得でき、工事の契約を結んでから精算する方式が取られています。給湯器の種類に関しては、省エネ効率の良いタイプの製品が多数販売されており、ガス燃焼で発生する高温の廃熱を再利用して給湯効率を高めた製品が主流となりつつあり、その他にも電気エネルギーのみで給湯するタイプのヒートポンプ式給湯器などの広く普及しています。

このような省エネ効率の高い給湯器を導入する場合は、住宅エコポイントが付与され、実質的な補助金を受け取れる制度が利用できるようになっていますので、給湯器交換の際は積極的に制度を利用することが推奨されています。また、単体で給湯器としての役割だけでなく、発電する機能や暖房用の熱源として使える給湯器なども利用できるようになっていますので、スマートで快適な生活を確立するためには、給湯器の選定をよく検討する必要があります。
プロパンガスの相場のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *