Skip to content

浴室のリフォームから始める人が増えています

従来の工法で作られた浴室は、タイル貼りということが多く浴槽も深いものがあるため、居住者が年齢を重ねるごとに使いにくさや掃除が大変といった面からもリフォームをする家庭が増えています。

タイル貼りの浴室は、水捌けがあまり良くないため乾燥に時間がかかり冬場はタイル面が冷たくなります。年配の家族がいる家庭ではヒートショックが懸念されますが、年配の方ほど熱いお湯を好むため1番風呂に入る傾向があります。

追い焚きはガス代がとりわけプロパンガスでは高いためです。そこで浴室リフォームの際には、ユニットバスへの切り替えと同時にオール電化にする過程が増えています。深夜電力を利用して割安な料金でお湯を沸かしておき、入浴時にお湯はりをするタイプです。

プロパンガスとは異なり電気は公共料金なため不当な値上げが起きることが無く各家庭に公平な負担が約束されているからです。浮いた毎月の光熱費削減分でリフォーム代金を賄おうという世帯もあります。ユニットバスへの切り替えは、工場で予め浴槽などを製造しておき現場では組み立てるだけという状態のため工期を短く設定できます。

この点が浴室リフォームをしやすい状況を作り出しています。また、防水性能に優れており床面や壁に水捌けの良い素材を用いることから乾燥するまでの時間を短縮出来ます。カビ対策や掃除が楽になるというメリットがあります。従来の浴室を一度解体工事する必要があり、その際に追加で補修する箇所が出てくる可能性はありますが、それでもメリットが多いためリフォームは積極的に行われています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *