Skip to content

太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電とは太陽光を太陽電池を用いて電気エネルギーに変換して発電を行うシステムのことです。

再生可能エネルギーの一つとして注目されています。太陽電池は太陽の光を直接電力に変換することができる、いわゆる「発電機」の役割を果たしています。太陽光が太陽電池に当たると、「光起電力効果」又は、「光電効果」と呼ばれる現象が発生します。光の照射によって、太陽電池内の半導体の電子が動くことで、電気が起きる仕組みです。

太陽電池はいろいろと種類があり、シリコン系や化合物系、有機系などがあり、それぞれ発電効率が異なります。太陽電池を複数枚直列に接続してパネル状にしたものを「ソーラーパネル」と呼ばれます。一つ一つの太陽電池では起電力をあまり得られませんが、複数枚並べてソーラーパネルにすることで必要な電圧と電力が得ることが可能になります。

最近はソーラーパネルも身近になり、屋根にソーラーパネルを設置する一般家庭も増えてきました。また、もっと大きな電力を生み出すために、「メガソーラー」と呼ばれる、広い土地に多くのソーラーパネルを設置された太陽光発電施設も増えてきています。

太陽光発電は電力を生み出すのにまだまだコストはかかりますが、火力発電や原子力発電のような燃料を必要とした発電方法ではないので、排気ガスや使用済み燃料の処理の必要がありません。また、火力発電のようにタービンやエンジン部分など稼働する所がほとんどないので、故障が発生せず、メンテンナンスも楽です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *