Skip to content

オール電化のメリット

最近では、住宅をオール電化に変える世帯も増えてきました。

なぜ、増えてきたのかというと、オール電化にすることによって、いくつかのメリットを得ることができるからであると考えられます。そこで、オール電化にすることのメリットとしては、ガス代がかからない、深夜電力を活用できる、震災の普及が早い、災害時に水やお湯を利用することができる、安全性が高いなどのメリットを挙げることができます。まず、ガス代に関しては、オール電化にするということは、当然ながらガスを使用することはなくなるので、ガス代は一切かかりません。

ですから、光熱費を電気代に一本化することができるので、光熱費の支払いの手間がかからないというメリットもあります。深夜電力の活用に関しては、深夜電力を活用することによって、安い電気代で電気を使用することができます。特に深夜に電気を使うという人は、電気代の節約をすることができるということになります。震災の際の復旧に関しては、例えば、地震が起こった場合、ガスや水道よりも電気の復旧が一番早いといわれているので、インフラの復旧が早いということになります。

災害時に水やお湯が使えるということに関しては、オール電化の場合、電気温水器の中に貯水タンクがあるので、その水を災害時に使用することができます。安全性が高いということについては、電気のみの使用になるので、調理に使う火力もIHクッキングヒーターを使いますから、直接火を使わないということで火災が発生しにくいということがいえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *