Skip to content

一戸建て住宅購入にかかる諸費用は

一戸建て住宅の購入を検討する場合、分譲住宅なら表示されている物件価格、注文住宅なら土地の価格と建物本体価格に注目が集まりがちですが、じつは費用はそれだけではありません。

一戸建て住宅の購入にはさまざまな諸費用がかかるため、あらかじめそれらについても考慮しておかないと、思わぬ出費で頭を悩ませることになりかねないのです。一戸建て住宅にかかる諸費用としては、まず登記費用があります。住宅を取得すると所有権の保存登記や移転登記、住宅ローンを組んでいる場合は抵当権設定登記などをおこなわなければいけません。登記には登録免許税などの税金や司法書士への報酬が必要ですので、これらの費用も負担する必要があります。

また住宅を購入する際は火災保険への加入も必須です。住宅ローンを契約している場合は、まず間違いなく加入することを求められますので、保険費用の捻出についても頭に入れておきましょう。また住宅ローンに関していえば、保証料や手数料も発生するので、このあたりも考慮しておく必要があります。また注文住宅の場合は、本体価格以外の別途工事費用も負担しなければいけません。

地盤調査や地盤の改良費、ガスや給排水の工事費用、カーテンや照明にかかる費用など、さまざまな費用が本体価格とは別に発生します。さらには引っ越し代や仮住まいの費用、新しくする家電製品や家具の費用なども諸費用に分類することができます。一般的には一戸建て住宅の購入価格の10%程度が諸費用の目安とされています。資金計画を建てる際は、この諸費用についてもしっかりと検討しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *