Skip to content

一戸建ての現在のトレンドはエコ住宅です

一戸建て住宅の近年のトレンドはエコで、二酸化炭素の排出量が少なくなる環境に優しい物件が人気です。

現在では一戸建てでもエコの工夫を行うことが当たり前になっており、建物の断熱性を高めるために屋根や壁に断熱材を入れます。窓ガラスもペアガラスが採用されたり、玄関のドアも断熱材入りの住宅が増えています。住宅全体を断熱効果が得られる設計とすることで、冷暖房の効率を引き上げることができますので、電気やガスの使用量を抑制することが可能になります。このために二酸化炭素の排出量を軽減させることができますし、光熱費の節約にもなりますので、経済的な側面においてもプラスの材料となります。

ただし、単純に断熱効果を上げただけでは、室内の空気が汚れてしまい、カビが発生しやすくなってしまいますので、室内の換気を良くすることも大切なポイントと言えます。現在の住宅では、一戸建てでもマンションでも、24時間の換気装置を設置することでエコな住宅となっています。

効率の良い給湯器などを設置することで、さらに環境に良い住宅にすることが可能で、オール電化の住宅も普及しています。注文住宅の場合には、自由なプランで住宅を建てることができますので、設備に関してもこだわることが可能です。屋根にソーラーパネルを設置することで自宅で電気を作ることが可能になったり、太陽光発電に加えて電気やガスの使用量を一目で把握できる住宅も登場しています。最新の設備を設置すると分譲価格が値上がりすることも考えられますが、それに対応してくれる行政の補助もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *