Skip to content

プロパンガス料金の適正価格

ガス料金の適正価格には、まずはガスがどのようにして値段が決められているかを知る必要があります。

プロパンガス料金は実は毎年変動します。プロパンガスはLPガスを使用するので、日本のガスの資源はわずかなので、LPガスの輸入価格や海外から輸入しているので為替の影響も受けやすいのです。日本国内で使用されているLPガスの75パーセントは海外から輸入されたものになります。LPガスの小売価格の適正価格を知るためには、ガス料金の仕組みを知ることが大切です。

輸入されたガス料金は輸入価格(産ガス国での価格プラスタンカー輸送料や保険料)になります。次に輸入されたLPガスには石油ガス税が加算され、LPガスは各地の基地で保管されるのでそこでかかる運賃や保安経費なども加算されます。卸売り業者に販売されたLPガスは小売店へ販売され、この間に人件費や配送料や管理料などがかかってきます。そのあとの消費者が支払う小売価格になります。小売価格は自由料金制なので各プロパンガス販売店が決定しています。

最終的なLPガスの小売価格は、地域によっても違い、プロパンガス販売店どうしの競争がある場合はそれによっても変わってきます。同業者間の競争がない地域の場合は、独占的な価格を設定してくることが多いので、料金が高くなりがちです。競争がかなり激しい地域の場合は料金が下がる傾向にあります。このようなことから、適正価格は地域によっても違うといえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *