Skip to content

ガス自由化でどれくらいガス料金は安くなるのか

2016年の4月の電力自由化に続き、2017年4月からは都市ガスの自由化が始まりました。

ガスにはおおまかに分けて都市ガスと団地ガスとプロパンガスの三つがあり、地域独占だった都市ガスが自由化されることで自由に供給会社を選べ、今よりガス料金が安くなることもあります。自由化に伴いガス業界に新規参入する業者は電力会社や電話会社、石油会社などのライフスタイルに必需な業者が多く、電気代と合わせてガス料金や灯油が安くなるプランや、電話代のポイントでガス料金を支払えるプランが目玉です。

瓦斯会社を変更してもガス管はこれまで通り都市ガス会社のものを利用するため特別な工事も必要なく、ガス料金だけが安くなると言えばメリットしかないように思われますが、大都市では新規瓦斯会社の選択肢が多くても地方は少なくて選べないという場合もあります。地方でガス自由化が進みにくい背景にはガスの保安基準が高いことや、ガス導管を使う託送料金の高さがありますが、逆に言えばこのハードルの高さをクリアした新規瓦斯会社なら安心して変更できるということです。

瓦斯会社を変更するとどれくらいガス料金が安くなるかについては、実際に新規瓦斯会社が料金プランを公表しており、一軒家の四人家族で年間約三千円から四千円程度の節約になるという試算を出しています。初期費用なしで毎年数千円も安くなるなら、自由化の波に合わせて瓦斯会社を変更した方が断然お得です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *